こどものお話

幼児に与えるおやつの持つ役割と注意点、おやつでなだめるメリット・デメリットについて!

子どもにおやつを上げる時考えること

どうも皆さんこんにちは!
祖父母の家に行った時にいただくおやつ。
もらった時、食べている時の子供の笑顔はたまらないものがあります。
また、我が家では軽くなだめたり、意識を逸らすとき等にもたま~に使ってしまうことがある。

そんなおやつですが、本来、

どのようにあげるのがいいのかな?

と思いまして、今回調べてみるに至りました。

今回の記事では、

・幼児期のおやつの役割

・おやつを与える時の注意点

・ぐずる子どもをおやつでなだめるメリット・デメリット

を解説しています。

幼児期のおやつの役割

幼児は、成長の為、沢山の栄養を必要としています。

しかし、胃などの消化器官が小さく、一度に沢山食べることができません。

そこで、おやつが、朝昼晩、3度の食事の補助として、栄養補給の役割を果たすのだそうです。

おやつとしてオススメの食べ物

  1. 素材本来の甘味が十分に感じられる食べ物(例:その時期の果物、とうもろこし、焼き芋など)
  2. 用意がすぐできる食べ物。(ごはんを炊いておけばすぐ作れるオニギリや、買っておけばすぐ用意できるパンやヨーグルトなど)

おやつを与える時の注意点

おやつを与える時の注意点として、

  1. 朝昼晩の食事に影響のないように与える。
  2. 与え過ぎないようにする。
  3. できるだけ市販の物は控える。

というのがあげられるようです。順番に見ていきましょう。

①朝昼晩の食事に影響のないように与える

食事の間隔が2~3時間程空くように気をつけ、

決まった時間に与えることを意識しましょう。

また、おかわりをさせないようにし、一日の食事のバランスを崩さないように気をつけましょう。

②与え過ぎないようにする

いつまでも欲しがるままに与えたり、何かをしながら食べさせたりすると、おやつの食べ過ぎにつながり、

食べたいものばかり食べる偏食になったり、肥満、虫歯の原因になります。

社畜豚
社畜豚
食べる分だけお皿に盛って出すなどしようね!

③できるだけ市販の物を控える

市販のおやつは、糖分・塩分・脂肪分が沢山含まれていたり、

体に良くない食品添加物が入っていたりする場合もあるので、

できるだけ手作りの物を与えるよう意識しましょう。

手作りおやつのメリット

  • 子どもの持つアレルギーの原因物質を入れずに作れるので安心!
  • 砂糖の量を調整することができるので、糖質依存体質への防止につながる。
  • 苦手な野菜等を混ぜ込んで食べさせることもできる。
社畜豚
社畜豚
一緒に作ることで楽しくコミュニケーションも取れ、食育にもつながるね!

与える時に注意すべきもの

  • ガム、飴などは栄養補給の面でみると、あまり好ましくはありません。
  • ナッツ類は誤飲の危険があります。また、餅や団子、こんにゃくゼリー等は窒息の危険があるので、3歳頃まで与えない。もしくは大人がしっかり見守り与えるようにしましょう。

噛む力が未熟で、あまり噛まずに飲み込んだりするので、弾力のある物や、つっかえやすい物を与える時には注意しましょう。

社畜豚
社畜豚
以前、我が家でも、ミ〇タードーナツで買ったポンデ〇ングをちぎって一粒あげたところ、丸のみにしており、喉に詰まらせていてビックリしたよ。。それ以来本当に気をつけているよ

ぐずる子どもを、おやつでなだめるメリット・デメリット

まず、メリットとしては、意識がおやつに向くため、短時間でおちつくことがあげられます。

次にデメリットとしては、

  • ぐずってしまえば「もらえる」と思うようになる
  • もらわないと言う事を聞かなくなったりする
  • 食事の時間まで空腹を保てなくなる場合もある

ぐずった時はおやつでなだめるのではなく、ぐずる子どもの気持ちに寄り添い共感してあげたり、別のことに気を逸らしてあげたりしましょう。

また、ダメなものはダメという態度をしっかりとり、我慢できた時には褒めてあげましょう。

社畜豚
社畜豚
デメリットを見て、我が家もぐずり時のおやつは極力控えようと思いました😓

最後に

おやつの時間は栄養補助としての役割以外にもストレス発散、リフレッシュさせる効果もあります。

子どもと一緒にお話しをして、楽しく美味しく食べることで親子のコミュニケーションの時間にしましょう!

今回の記事はここまでです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
クックぶー
調理師としての実務経験16年になる調理長、 子ども2人の子育てと仕事に奔走するパパ。 育児や仕事、子育て世代の気になる話題を発信しています!